コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国花火競技大会(大曲の花火)

1件 の用語解説(全国花火競技大会(大曲の花火)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全国花火競技大会(大曲の花火)

1910年、旧大曲町(大仙市)の諏訪神社の祭典の余興として始まった。27社の花火師が昼花火、10号割物、創造花火の3種目で日本一の技術を競う。一番の見せ場の大会提供花火は音楽に合わせ、4分55秒間で2500発を打ち上げる。28日は午後5時に始まり、10時ごろまで続くという。

(2010-08-24 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全国花火競技大会(大曲の花火)の関連キーワード国方豊民大曲諏訪神社諏訪大社大仙市板橋諏訪八幡大仙宮本池臣毛呂清氏

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全国花火競技大会(大曲の花火)の関連情報