コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全地球測位システム(GPS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全地球測位システム(GPS)

人工衛星の電波を受信して現在地を正確に知るシステム。米国防総省が運用する。軍事目的で開発されたが、一般用の電波も発信しており、無料で利用できる。カーナビ、携帯電話、測量などに使われている。位置決めには緯度経度、高さ、時間の四つの要素を特定するため4機からの電波が必要だ。

(2010-09-09 朝日新聞 夕刊 1総合)

全地球測位システム(GPS)

複数の人工衛星から電波が届く時間から距離を測り、地球上での現在の位置を割り出す。元々は軍事用に開発された。スマートフォンやカーナビなどに広く活用されている。警備会社によると、GPS端末は、お年寄りや子どもに持たせ、行方が分からなくなった時に位置を確認したり、自分の車に付けて、盗まれた場合に追跡できるようにしたりするのが本来の用途だ。契約者パソコンや携帯電話で検索すると、地図上に端末の位置が示される。条件が良い場合、実際の位置との誤差は5~10メートル。

(2013-08-18 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

全地球測位システム(GPS)の関連キーワードグラウバー(Roy J. Glauber)ホール(John L. Hall)アメリカ国防総省高等研究計画局空中測定システム(AMS)ナビゲーション・システムナビゲーションシステムセカイカメラとエアタグ厳冬期知床野生動物調査津波防災支援システム準天頂衛星システムカーナビゲーションデュアルユース技術テレマティクス測量船(船舶)常時観測火山ポケモンGOWeb119自動操舵装置GNSS測量宇宙基本計画

全地球測位システム(GPS)の関連情報