コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全日空機の雫石事故

1件 の用語解説(全日空機の雫石事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全日空機の雫石事故

71年7月30日午後2時過ぎ、雫石町の約8500メートル上空で、千歳発羽田行きの全日空58便(ボーイング727)と、2機編隊で飛行訓練中だった航空自衛隊の訓練生機が接触し、両機とも墜落。訓練生はパラシュートで脱出したが、全日空機の乗客・乗員162人全員が死亡した。

(2006-11-10 朝日新聞 朝刊 岩手全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全日空機の雫石事故の関連キーワード雫石川時過ぐ七つ過ぎ引け過ぎ昼過ぎ御所湖時過ぎ人八つ過ぎネット調査の方法雫石町上空での空中衝突事故

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone