コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全柔連の改革案

1件 の用語解説(全柔連の改革案の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全柔連の改革案

相次ぐ不祥事を受け、全柔連は8項目の改革に着手している。暴力根絶は、山下泰裕理事を中心に大会での訴えかけなどを実施。組織改革は谷亮子氏ら初めての女性理事や外部理事の登用、機動性の高い常務理事会の新設が目玉だ。代表選手の選考基準明文化は進行中で、不正行為防止のための内部通報窓口も出来た。改革促進チーム立ち上げ、9月をめどに一定の形を示すとしている。

(2013-07-19 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全柔連の改革案の関連キーワード相次ぐ・相継ぐ降職陳謝不祥事相次ぐ京都市職員の不祥事奈良市の不祥事放送法改正案警察改革県教委の不祥事防止手引き

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone