全生庵

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全生庵

臨済宗国泰寺派の末寺。山岡鉄舟が1883年、私財を投じて創建。山岡を慕う若者が数多く集まり、後に大隈重信を襲い自刃した政治結社・玄洋社の社員、来島恒喜は一時住み込んだと伝わる。戦後は吉田茂ら歴代首相の指南役として知られた四元義隆氏が頻繁に参禅した。

(2014-07-08 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全生庵の関連情報