コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全米ライフル協会(NRA)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全米ライフル協会(NRA)

1871年に結成された、全米で最大の銃所持者による団体。当初は射撃技術の向上が主な目的だったが、1970年代以降に政治的な色合いが強くなった。有名人も多く加わっており、過去には映画俳優のチャールトン・ヘストン氏(故人)も会長を務めた。

(2013-05-05 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

全米ライフル協会(NRA)の関連キーワードバージニア工科大学銃乱射事件マイケル ムーアサラ ペイリン米国の銃規制ブレイディ法米国と銃社会銃砲規制法ライフル銃犯罪防止法圧力団体米国と銃NRA

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全米ライフル協会(NRA)の関連情報