コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全米ライフル協会(NRA)

1件 の用語解説(全米ライフル協会(NRA)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全米ライフル協会(NRA)

1871年に結成された、全米で最大の銃所持者による団体。当初は射撃技術の向上が主な目的だったが、1970年代以降に政治的な色合いが強くなった。有名人も多く加わっており、過去には映画俳優チャールトンヘストン氏(故人)も会長を務めた。

(2013-05-05 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全米ライフル協会(NRA)の関連キーワードNEAベトコンみんなの党天狗党IMUマイエル法則九条の会生保労連電力総連プロレトクリト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全米ライフル協会(NRA)の関連情報