コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全量固定価格買い取り制度

1件 の用語解説(全量固定価格買い取り制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全量固定価格買い取り制度

自然エネルギーを普及させるため、発電した電気を一定期間、固定価格で買い取るよう、電力会社に義務づける制度。太陽光、風力、地熱、中小の水力、バイオマスが対象で、かかった費用は利用者の電気料金に転嫁される。

(2012-05-27 朝日新聞 朝刊 首都4県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全量固定価格買い取り制度の関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー熱エネルギーソフトエネルギー・パス省エネルギー住宅一次エネルギー二次エネルギー新エネルギー利用特別措置法グリーン電力証書エネルギー学

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全量固定価格買い取り制度の関連情報