全 敬煥(読み)チョン ギョンファン

現代外国人名録2012の解説

全 敬煥
チョン ギョンファン


国籍
韓国

肩書
セマウル運動本部会長

生年月日
1942/10

出生地
朝鮮 慶尚北道大邱

学歴
韓国陸軍副官学校〔1964年〕卒

経歴
1964年陸軍副官学校を卒業後、首都警備司令部青瓦台派遣勤務を経て、予備役に編入された。’68年から2年、三星財閥秘書室で警護を担当。その後、米国の大学に留学して体育学修士号を得、’74年から大統領警護室に勤務。兄の全斗煥が大統領になった後、セマウル運動中央本部事務総長に就任。’85年同本部会長、’87年2月名誉会長。全斗煥が退陣した1ケ月後の’88年3月セマウル運動を私物化し、百億ウォン以上の公金横領、不正投資などの疑いがもたれ、同年9月懲役7年の実刑判決を受ける。のち残余刑が減刑される。2009年ソウル高裁は詐欺罪により懲役5年の実刑を言い渡した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android