コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八ツ場ダムの6都県の負担金

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八ツ場ダムの6都県の負担金

4600億円の建設事業費のうち、治水分は6都県が計1756億円を負担し合う。最も多い埼玉県が180億円、群馬県は101億円、最も少ない栃木県が10億円。利水分は、栃木県を除く5都県の水道事業者などが、計2091億円を支払う仕組みで、うち4割は国の補助金を含む。最も多い埼玉県が772億円(補助金を除く実負担は389億円)、次いで東京都が708億円(同473億円)、群馬県は133億円で、実負担額は把握していないという。このほか、栃木県以外の5都県は水没関係地域の生活再建のため、水源地域整備事業に計463億円、利根川・荒川水源地域対策基金事業に計178億~246億円を負担する。

(2009-10-20 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

八ツ場ダムの6都県の負担金の関連キーワード人口11億人ストリート・チルドレン政治資金政党助成家電リサイクル法アスベストのクボタ・ショック世界人口65億人突破ハフィントン・ポストシクラス遺跡公益法人と独立行政法人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android