コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八ツ場ダム問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八ツ場ダム問題

1947年のカスリーン台風を機に構想が浮上し、52年に住民に計画が示された。地元は反対運動の末、85年にダム建設を受け入れたが、その後も補償交渉は難航。03年に総事業費は4600億円に倍増し、国内最高額のダムになった。民主党政権公約で「時代に合わない大型公共事業」の象徴に掲げた。

(2009-10-12 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

八ツ場ダム問題の関連キーワードカザン(Elia Kazan)新藤兼人イーグルスカシミールジュネ2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法アンバルツミアン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八ツ場ダム問題の関連情報