コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八事山興正寺(やごとさんこうしょうじ)

1件 の用語解説(八事山興正寺(やごとさんこうしょうじ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八事山興正寺(やごとさんこうしょうじ)

高野山真言宗別格本山で、尾張高野とも呼ばれる。元禄元年(1688年)の開山。17世紀以来の建造物が多く残り、五重塔は東海3県で唯一の木造五重塔で国の重要文化財。責任役員は宗教法人法で定められた役職。責任役員会は寺の最高意思決定機関で、興正寺では住職を含めて4人で構成。

(2006-02-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八事山興正寺(やごとさんこうしょうじ)の関連キーワード立部瑞祐高野山高野山大学神護寺大安寺高野金剛峰寺別格本山金山穆韶水原尭栄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone