コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八人芸・八人藝 はちにんげい

大辞林 第三版の解説

はちにんげい【八人芸・八人藝】

寄席演芸の一。足でささらを摺り、片手で太鼓をたたき、同時に横笛を吹くなど一人で八つの楽器を操ったり、八人の声色を出したりする芸。多くは座頭の芸で、万治(1658~1661)頃から流行、のちには十二人芸・十五人芸・十八人芸などもあった。八人座頭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八人芸・八人藝の関連キーワード八人座頭寄席演芸ささら片手楽器流行太鼓声色万治横笛八つ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android