八切 止夫(読み)ヤギリ トメオ

20世紀日本人名事典の解説

八切 止夫
ヤギリ トメオ

昭和期の小説家



生年
大正5(1916)年12月22日

没年
昭和62(1987)年4月28日

出生地
神奈川県横浜市中区花咲町

本名
矢留 節夫

別名
旧筆名=耶止 説夫

学歴〔年〕
日本大学文学部〔昭和11年〕卒

主な受賞名〔年〕
小説現代新人賞(第3回)〔昭和39年〕「寸法武者」

経歴
戦前から、耶止説夫の筆名で「新青年」に作品を発表していたが、大本営執筆禁止第1号となり、休筆を余儀なくされる。終戦時には割腹未遂を起こすが再起。昭和30年日本シェル出版を創立、「西郷隆盛」などの自著を多く刊行する。39年「寸法武者」で小説現代新人賞を受賞し、以後歴史作家として幅広く活躍した。意表をつく新説で人気を得た。「信長殺し、光秀ではない」「戦国意外史」「庶民日本史辞典‐八切史観」など多くの著書があり、「サンカの歴史」「サンカ民俗学」などの山〓(さんか)民研究書でも知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

八切 止夫 (やぎり とめお)

生年月日:1916年12月22日
昭和時代の小説家
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android