コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八尺瓊の勾玉 やさかにのまがたま

大辞林 第三版の解説

やさかにのまがたま【八尺瓊の勾玉】

三種の神器の一。天照大神あまてらすおおみかみが天の岩戸に閉じこもった時に奉ったという勾玉。神璽。
古代、多くの勾玉を一つの長いひもに貫き連ねた装飾品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八尺瓊の勾玉の関連キーワード天の岩戸装飾品神器神璽勾玉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android