八島ヶ原湿原(読み)やしまがはらしつげん

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)


長野県中部、霧ヶ峰(きりがみね)の北西部にある湿原。標高約1630m。八ヶ岳中信高原(やつがたけちゅうしんこうげん)国定公園に属する。車山(くるまやま)湿原・踊場(おどりば)湿原とともに霧ヶ峰湿原植物群落として国天然記念物に指定。八島湿原とも。八島ヶ池・鎌ヶ(かまが)池を中心にヌマガヤ・チャミズゴケの群落がある。またこの湿原に固有のキリガミネヒオウギアヤメが生育する。霧ヶ峰の観光地化により、自動車の排気ガスや観光客による踏みつけ、帰化植物の侵入などの問題が生じている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android