コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八島ヶ原湿原 やしまがはらしつげん

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕八島ヶ原湿原(やしまがはらしつげん)


長野県中部、霧ヶ峰(きりがみね)の北西部にある湿原。標高約1630m。八ヶ岳中信高原(やつがたけちゅうしんこうげん)国定公園に属する。車山(くるまやま)湿原・踊場(おどりば)湿原とともに霧ヶ峰湿原植物群落として国天然記念物に指定。八島湿原とも。八島ヶ池・鎌ヶ(かまが)池を中心にヌマガヤ・チャミズゴケの群落がある。またこの湿原に固有のキリガミネヒオウギアヤメが生育する。霧ヶ峰の観光地化により、自動車の排気ガスや観光客による踏みつけ、帰化植物の侵入などの問題が生じている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

八島ヶ原湿原の関連キーワード八島湿原

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android