コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八島・屋島 やしま

大辞林 第三版の解説

やしま【八島・屋島】

能の一。二番目物。世阿弥作。讃岐国さぬきのくに屋島の浦に立ち寄った僧が、塩屋の主から源義経の合戦譚を聞く。その夜、僧の夢に甲冑姿の義経の霊が現れ、弓流しのことや能登守教経との奮戦などを語り、修羅道の苦患を示す。
幸若こうわかの曲名。能の「摂待」と同話。やしまいくさ。
地歌・箏曲の曲名。藤尾勾当作曲。謡曲の詞章の後半に作曲したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八島・屋島の関連キーワード修羅道源義経奮戦塩屋八島謡曲箏曲詞章地歌苦患摂待

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android