コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八島・屋島 やしま

大辞林 第三版の解説

やしま【八島・屋島】

能の一。二番目物。世阿弥作。讃岐国さぬきのくに屋島の浦に立ち寄った僧が、塩屋の主から源義経の合戦譚を聞く。その夜、僧の夢に甲冑姿の義経の霊が現れ、弓流しのことや能登守教経との奮戦などを語り、修羅道の苦患を示す。
幸若こうわかの曲名。能の「摂待」と同話。やしまいくさ。
地歌・箏曲の曲名。藤尾勾当作曲。謡曲の詞章の後半に作曲したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八島・屋島の関連キーワード修羅道源義経奮戦塩屋八島謡曲箏曲詞章地歌苦患摂待

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android