八島 太郎(読み)ヤシマ タロウ

20世紀日本人名事典の解説

八島 太郎
ヤシマ タロウ

昭和期の画家,絵本作家



生年
明治41(1908)年9月21日

没年
平成6(1994)年6月30日

出生地
鹿児島県鹿児島市

本名
岩松 淳

学歴〔年〕
鹿児島市立二中(現・甲南高)卒,東京美術学校卒

主な受賞名〔年〕
デヴィエ国際美術展グランプリ〔昭和47年〕,コールデコット賞次席「あまがさ

経歴
第2次大戦前、日本プロレタリア美術家同盟に参加し、プロレタリア美術運動に関わる。絵本作家・新井光子(筆名・八島光子)と結婚し、昭和14年渡米。18年「あたらしい太陽」を発表し、日本ファシズムの本性を描き、亡命する。戦後も米国に在住し、絵本画家として活躍。52年脳溢血で倒れた後は療養しながらアトリエで絵を教え、日系人雑誌に漫筆を連載。また自由律句会を開くなど、晩年の仕事完成に意欲的に取り組んだ。53年絵物語「あたらしい太陽」「水平線は招く」、絵本「村の樹」「烏(からす)太郎」「あまがさ」を出版。日米間の歴史を縦横に壮絶な人生を駈け抜いてきた闘士。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android