八幡(読み)はちまん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡(岐阜県)
はちまん

岐阜県中西部、郡上(ぐじょうぐん)にあった旧町名(八幡町(ちょう))。現在は郡上市の中央から南部を占める一地域。郡上八幡ともいう。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)川合(かわあい)、相生(あいおい)、口明方(くちみょうがた)、西和良(にしわら)の4村と合併。2004年(平成16)大和(やまと)、白鳥(しろとり)の2町、高鷲(たかす)、美並(みなみ)、明宝(めいほう)、和良(わら)の4村と合併、市制施行して郡上市となる。旧八幡町は、東は下呂(げろ)、南は美濃(みの)・関・岐阜、北東は高山の各市、北は白川村・福井県へ通じる交通路が開けた、観光、商業の町である。長良川鉄道(ながらがわてつどう)と国道156号、256号、472号、東海北陸自動車道が通じ、郡上八幡インターチェンジがある。おもな町並みは、郡上藩の城下町に由来し、長良川と支流吉田川の合流点に発達している。木製玩具の産地として有名。名水として知られる宗祇(そうぎ)水は、室町時代の連歌師、飯尾宗祇が愛用したことにちなんでつけられた名称で、名水百選に選定されている。有名な郡上踊(国指定重要無形民俗文化財)は、7~9月の33夜を川崎・春駒(はるこま)・三百など10種類の郡上節にあわせて踊られる。殿町には、旧八幡町の歴史や郡上踊を紹介する「郡上八幡博覧館」がある。また、1969年(昭和44)に安久田(あくだ)で発見された大滝鍾乳洞(しょうにゅうどう)には多くの観光客が訪れる。近くに、縄文時代の住居跡が発見された縄文洞もある。[上島正徳]
『太田成和著『郡上八幡町史』全2巻(1960~1961・八幡町) ▽『郡上八幡町史 史料編』全6巻・補遺巻(1985~2004・八幡町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

八幡の関連情報