コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡浜[市] やわたはま

百科事典マイペディアの解説

八幡浜[市]【やわたはま】

愛媛県西部の市。1935年市制。佐田岬半島の基部を占め,宇和海,伊予灘に臨む。中心市街地の半分は明治以後の埋立地で,繭の集散地,漁港として発達。第2次大戦後は紡績・縫製工業が興る。
→関連項目宇和海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やわたはま【八幡浜[市]】

愛媛県西部,宇和海に面する市。1935年市制。人口3万5891(1995)。佐田岬半島基部の南側に位置し,周囲を四国山地西端の山々に囲まれ,西はリアス海岸で海上には大島,佐島などが浮かぶ。当市域を中心とする一帯は平安時代末期,池大納言平頼盛の所領矢野保(矢野領)の地で,南北朝期には摂津氏の支配下にあった。中世から近世にかけて矢野保内(やのほない),保内郷の称も生じ,八幡浜湾に注ぐ五反田川下流の矢野町は,近世,宇和島藩在郷町であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八幡浜[市]の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android