コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字屋自笑(初代) はちもんじや じしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八文字屋自笑(初代) はちもんじや-じしょう

?-1745 江戸時代中期の版元,浮世草子作者。
京都の人。元禄(げんろく)はじめのころ家業の浄瑠璃(じょうるり)本屋をつぐ。江島其磧(きせき)を作者に起用し,役者評判記「役者口三味線」,浮世草子「けいせい色三味線」などを刊行し,それらは八文字屋本と称された。延享2年11月11日死去。姓は安藤。通称は八左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八文字屋自笑(初代)の関連キーワードクルムスティツィング片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネオーストリア継承戦争スウィフト(Jonathan Swift)ハプスブルク家ビターリ(父子)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android