八木 誠政(読み)ヤギ ノブマサ

20世紀日本人名事典「八木 誠政」の解説

八木 誠政
ヤギ ノブマサ

昭和期の昆虫学者 東京農業大学教授。



生年
明治27(1894)年

没年
昭和42(1967)年2月18日

出生地
長野県松代町

学歴〔年〕
東京帝大理科大学動物学選科〔大正9年〕修了

学位〔年〕
理学博士〔昭和3年〕,農学博士〔昭和26年〕

経歴
農商務省農事試験場嘱託、()大原奨農会農業研究所研究員などを経て、大正13年京都帝大農学部助教授。昭和4年退職後農林省農事試験場昆虫部嘱託、東京文理大講師などを務め、24年信州大繊維学部教授。25年定年退職、東京農大教授、同大学院教授嘱託となった。国際昆虫学会議常任委員、日本昆虫学会会長を務めた。共著に「函数生物学」「昆虫学本論」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android