八田 善之進(読み)ハッタ ゼンノシン

20世紀日本人名事典「八田 善之進」の解説

八田 善之進
ハッタ ゼンノシン

大正・昭和期の内科医学者 枢密顧問官。



生年
明治15(1882)年2月1日

没年
昭和39(1964)年1月7日

出生地
福井県

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔明治42年〕

学位〔年〕
医学博士〔大正6年〕

経歴
母校医化学教室、青山内科を経て、愛知医学専門学校教諭、宮内省侍医となった。大正10年皇太子渡欧に随伴、昭和12年侍医頭から官内省御用掛、枢密顧問官歴任。また日本大学医学部創設に参画、3年日大医学科教授、のち医学科長、同駿河台病院長を務めた。退職後健康保険横浜中央病院長、28年社会保険中央病院長、38年辞職。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「八田 善之進」の解説

八田 善之進
ハッタ ゼンノシン


肩書
枢密顧問官

生年月日
明治15年2月1日

出生地
福井県

学歴
東京帝大医科大学〔明治42年〕卒

学位
医学博士〔大正6年〕

経歴
母校医化学教室、青山内科を経て、愛知医学専門学校教諭、宮内省侍医となった。大正10年皇太子渡欧に随伴、昭和12年侍医頭から官内省御用掛、枢密顧問官を歴任。また日本大学医学部創設に参画、3年日大医学科教授、のち医学科長、同駿河台病院長を務めた。退職後健康保険横浜中央病院長、28年社会保険中央病院長、38年辞職。

没年月日
昭和39年1月7日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android