八田 嘉明(読み)ハッタ ヨシアキ

20世紀日本人名事典の解説

八田 嘉明
ハッタ ヨシアキ

昭和期の政治家,財界人 日本商工会議所会頭;貴院議員(勅選);商工相。



生年
明治12(1879)年9月14日

没年
昭和39(1964)年4月26日

出生地
東京・小石川

学歴〔年〕
東京帝大工科大学土木科〔明治36年〕卒

経歴
山陽鉄道、鉄道庁技師、鉄道省路線調査課長を経て大正12年同建設局長、15年鉄道次官となった。昭和4年退官、勅選貴族院議員。7年満鉄副総裁、12年東北興業総裁。13年第1次近衛文麿内閣の拓務相、14年平沼騏一郎内閣で商工相兼任、日本商工会議所会頭。16年帝国石油総裁。同年東条英機内閣の鉄道相、18年逓信・運輸通信相を務めた。戦後公職追放、解除後日本縦貫高速自動車道協会長、日本高架電鉄会長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

八田 嘉明
ハッタ ヨシアキ


肩書
貴院議員(勅選),商工相,日本商工会議所会頭

生年月日
明治12年9月14日

出生地
東京・小石川

学歴
東京帝大工科大学土木科〔明治36年〕卒

経歴
山陽鉄道、鉄道庁技師、鉄道省路線調査課長を経て大正12年同建設局長、15年鉄道次官となった。昭和4年退官、勅選貴族院議員。7年満鉄副総裁、12年東北興業総裁。13年第1次近衛文麿内閣の拓務相、14年平沼騏一郎内閣で商工相兼任、日本商工会議所会頭。16年帝国石油総裁。同年東条英機内閣の鉄道相、18年逓信・運輸通信相を務めた。戦後公職追放、解除後日本縦貫高速自動車道協会長、日本高架電鉄会長となった。

没年月日
昭和39年4月26日

家族
息子=八田 豊明(熊谷組専務) 八田 恒平(大和副社長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

八田 嘉明 (はった よしあき)

生年月日:1879年9月14日
昭和時代の政治家;財界人。日本商工会議所会頭;日本縦貫高速自動車道協会長
1964年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android