コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田[村] はった

1件 の用語解説(八田[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はった【八田[村]】

山梨県中央部,中巨摩(なかこま)郡の村。人口6694(1995)。甲府盆地西部に位置し,東を釜無川,北をその支流御勅使(みだい)川が流れる。御勅使川扇状地と釜無川沖積地からなり,おもに水田,桑園に利用されてきたが,近年ブドウ,桃,スモモなどの果樹園への転換が進んでいる。特産にころ柿がある。甲府市近郊にあって住宅地化が進み,人口も増加傾向にある。榎原にある長谷寺は行基開創と伝える真言宗智山派の寺で,本堂は国の重要文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone