コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八甲田雪中行軍遭難事故

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八甲田雪中行軍遭難事故

日露戦争を2年後に控えた1902(明治35)年1月23日、陸軍青森歩兵第5連隊は八戸平野に敵が侵入したと想定し、青森から八甲田山を越えて三本木(現十和田市)方面へ進軍できるかどうかを調査するため雪中行軍を行った。当時はスキーが伝わる前で、かんじきを履いた一団が先頭を歩いて雪を踏み固め、後続はわら靴や革靴をはいて従い、まきや食料などの資材約120キロを積んだそり14台が最後尾についた。田代元湯まで1泊2日の予定だったが、猛烈な寒気による暴風雪に見舞われて山中をさまよい、210人中199人が凍傷で死亡する大惨事になった。事故を題材に新田次郎が小説「八甲田山死の彷徨(ほうこう)」(71年)を発表し、その後映画「八甲田山」(77年)にもなり大ヒットした。

(2013-03-31 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

八甲田雪中行軍遭難事故の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアコワニエサムスシャウプ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android