コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八甲田雪中行軍遭難事故

1件 の用語解説(八甲田雪中行軍遭難事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八甲田雪中行軍遭難事故

日露戦争を2年後に控えた1902(明治35)年1月23日、陸軍青森歩兵第5連隊は八戸平野に敵が侵入したと想定し、青森から八甲田山を越えて三本木(現十和田市)方面へ進軍できるかどうかを調査するため雪中行軍を行った。当時はスキーが伝わる前で、かんじきを履いた一団が先頭を歩いて雪を踏み固め、後続はわら靴や革靴をはいて従い、まきや食料などの資材約120キロを積んだそり14台が最後尾についた。田代元湯まで1泊2日の予定だったが、猛烈な寒気による暴風雪に見舞われて山中をさまよい、210人中199人が凍傷で死亡する大惨事になった。事故を題材に新田次郎が小説「八甲田山死の彷徨(ほうこう)」(71年)を発表し、その後映画「八甲田山」(77年)にもなり大ヒットした。

(2013-03-31 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八甲田雪中行軍遭難事故の関連キーワード肉弾大江志乃夫八甲田山雪中行軍太田貞固蠣崎富三郎田中苗太郎東城鉦太郎西島助義山口鋠《明治天皇と日露戦争》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone