コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八郎潟[町] はちろうがた

百科事典マイペディアの解説

八郎潟[町]【はちろうがた】

秋田県西部,南秋田郡の町。馬場目(ばばめ)川河口の三角州地域を占め,米作が盛ん。中心は一日市(ひといち)で,奥羽本線が通じ,八郎潟の中央干拓地と承水路にかかる大潟橋でむすばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちろうがた【八郎潟[町]】

秋田県西部,南秋田郡の町。人口7768(1995)。八郎潟東岸に位置し,東部承水路を隔てて大潟村に接する。町の大部分は西流する馬場目川の沖積地からなり,中央を奥羽本線と国道7号線が縦貫している。中心の一日市(ひといち)は近世に羽州街道の宿場町として栄え,馬場目川の渡船場でもあった。八郎潟の干拓以前はワカサギなどの佃煮製造が盛んであったが,干拓後生産量は低下している。干拓による増反地を含め圃場整備が進み,米作が基幹産業となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報