コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重山教科書問題

1件 の用語解説(八重山教科書問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八重山教科書問題

沖縄県・八重山地区(石垣市、竹富町、与那国町)の教科書採択協議会は2011年、中学公民の教科書に育鵬社版を選んで答申。石垣市と与那国町は答申に沿ったが、竹富町は「手順がおかしい」などと東京書籍版を採択した。地方教育行政法が各市町村の教育委員会に採択権を認めている一方で、教科書無償措置法は、採択地区内の市町村は同じ教科書を使うよう規定している。文科省は10月18日、教科書無償措置法に違反しているとして、県教委に対して竹富町に是正要求を出すよう指示した。

(2013-11-21 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八重山教科書問題の関連キーワード沖縄県八重山郡竹富町西表沖縄県八重山郡竹富町上原沖縄県八重山郡竹富町黒島沖縄県八重山郡竹富町小浜沖縄県八重山郡竹富町崎山沖縄県八重山郡竹富町高那沖縄県八重山郡竹富町竹富沖縄県八重山郡竹富町波照間沖縄県八重山郡竹富町鳩間沖縄県八重山郡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八重山教科書問題の関連情報