コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共事業の推移

1件 の用語解説(公共事業の推移の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公共事業の推移

自民党政権は90年代半ばから00年代初め、景気浮揚策として公共事業費を増額。毎年、10~15兆円を投じ、公共事業費を示す県内の普通建設事業費は2770億円(98年度)を突破した。だが巨額の財政赤字に直面し、小泉政権から削減に向かった。「コンクリートから人へ」を掲げた民主党政権も削減に着手した結果、県の普通建設事業費は1100億円(11年度)まで下がった。

(2013-02-06 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公共事業の推移の関連キーワード自民党サークジェンダーフリー就職氷河期ベル友阿波戦争規制改革台湾と中国アフガンの女子教育税制改正大綱

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone