コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公共選択学派 こうきょうせんたくがくは

大辞林 第三版の解説

こうきょうせんたくがくは【公共選択学派】

議会制や官僚制のもとでの財政に関する政治的決定プロセスを、企業における意思決定の分析などと同様に経済学の手法を用いて分析する学派。ケインズ政策の限界を主張。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

公共選択学派の関連キーワードファインチューニングケインズ政策公共選択論意思決定経済学議会制財政学官僚制学派手法財政

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android