公判の記録

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公判の記録

現行の裁判官だけの裁判では立証鑑定書など書面比重が高いが、裁判員裁判では、法廷で直接見聞きした証言・証拠による心証形成が重視される。また結審後すぐに評議に入るため、公判調書が完成していなくても、カギを握る証言はすぐに再現できるしくみが必要になった。なお、裁判員は審理中、証言などをメモすることができる。

(2007-04-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公判の記録の関連情報