コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公務員の労働基本権

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公務員の労働基本権

憲法28条が保障する労働基本権のうち、警察や消防を除くと、労働組合を作る団結権が認められている。団体交渉はできるが、公営企業などの職員以外は労働協約を結ぶ権利が制約されている。ストライキ権はすべて禁止。その代償措置として、人事院人事委員会勧告を元に賃金が決まる仕組みがある。国際労働機関(ILO)は公務員の基本権を制限することが条約に違反すると指摘し、たびたび日本政府に改善を勧告してきた。イギリスやフランスでは、警察などを除きスト権まで認められている。

(2012-10-10 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

公務員の労働基本権の関連キーワード対日占領政策人事院勧告

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公務員の労働基本権の関連情報