コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公営国民宿舎

1件 の用語解説(公営国民宿舎の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公営国民宿舎

地方自治体や第三セクターが国立・国定公園などの自然豊かな土地に建設、運営する。利用料金は1泊2食で7千~1万円ほど。1957年に鳥取県に第1号がオープンし、ピークの82年には345施設あったが、民業圧迫批判や施設の老朽化を受けて廃止が相次ぎ、今では122施設に減った。

(2011-10-29 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公営国民宿舎の関連キーワード国定公園早池峰国定公園地方自治体第三セクター三セク海域公園財政再生団体JRおおさか東線旧国鉄線の第三セクター鉄道三セク債

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone