コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公営電気

1件 の用語解説(公営電気の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公営電気

地方公営企業法で定める自治体の企業局などがダムなどで発電し、東電など一般電気事業者と卸供給契約を結んできた。97%が水力。風力や太陽光、ごみなどを燃やす熱を利用する廃棄物発電もある。11年4月現在で25都道府県1市が301の発電所を持ち、最大出力246万キロワット。年間発電量は約100億キロワット時で新電力の11年度の総販売電力量200億キロワット時の半分にあたる。これとは別に市町村のごみ焼却施設で発電する事業もある。

(2012-08-17 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公営電気の関連キーワード公営企業金融公庫地方公営企業公営企業公営企業繰出金公営企業債地方公営企業繰出金地方公営企業等金融機構地方公営企業法地方公共団体金融機構地方公営企業法の全部適用

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone