コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公益目的の一時立ち入り

1件 の用語解説(公益目的の一時立ち入りの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公益目的の一時立ち入り

警戒区域は災害対策基本法で原則立ち入りが禁止されているが、公益上立ち入りが必要な事業者には立ち入りが認められる。住民基本台帳など公共サービスのための書類や、病院のカルテ、事業の継続や維持のための物品の持ち出しができる。食べ物などは、放射能に汚染されている可能性があるとして、持ち出せない。申請内容と異なる行為が判明すれば、10万円以下の罰金などが科せられる。警戒区域のある自治体などが許可する。

(2012-11-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公益目的の一時立ち入りの関連キーワード災害対策基本法防災基本計画緊急災害対策本部警戒区域非常災害対策本部避難指示防災業務計画土砂災害警戒区域避難勧告・避難指示災害救助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公益目的の一時立ち入りの関連情報