コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公職選挙法の改正

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公職選挙法の改正

選挙運動で配布できる文書は、はがきビラパンフレット(政党のみ)、選挙公報などだが、ビラやパンフは国政選挙だけに認められてきた。今年2月の法改正で、地方選のうち首長選では、A4判程度のビラ2種類の配布が認められるようになった。候補者マニフェスト(政権公約)の概要を記載し、有権者にPRできる。上限枚数は、岩手県知事選では1候補当たり14万5千枚。

(2007-03-24 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

公職選挙法の改正の関連キーワードインターネット選挙ネット選挙解禁三木武夫内閣在外選挙権中選挙区制三木内閣連立内閣逆転区

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公職選挙法の改正の関連情報