コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公職選挙法違反事件のこれまでの裁判の経過

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公職選挙法違反事件のこれまでの裁判の経過

初公判は03年7月。捜査段階では容疑を認めた6被告の自白調書以外に有力な証拠を持たない検察側は、警察官と検察官の証人尋問を軸に、約2年間を費やして調書の任意性の立証を展開。弁護側の立証は05年6月から始まった。約600通にも及ぶ自白調書の任意性と信用性が焦点となったが、鹿児島地裁は06年7月、「信用性については判決で判断する」として、その大半を証拠採用した。23日の判決で、公判は54回を数える。

(2007-02-22 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android