コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公職選挙法139条(抜粋)

1件 の用語解説(公職選挙法139条(抜粋)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公職選挙法139条(抜粋)

選挙運動に関し、いかなる名義を問わず、飲食物(湯茶及びこれに伴い通常用いられる程度の菓子を除く)を提供することができない。ただし、選挙運動の従事者や使用者に対し、候補者1人につき政令で定める弁当料の額の範囲内で、かつ15人分(45食分)に告示日から選挙の前日までの日数を乗じた数を超えない範囲内で選挙事務所で提供する弁当についてはこの限りでない

(2011-04-20 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公職選挙法139条(抜粋)の関連キーワード選挙運動選挙違反問わず語り洋の東西を問わずソフトマネー選挙運動と手話通訳選挙運動費用選挙運動用ビラ上峰町長公選法違反事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone