公認会計士・監査審査会(読み)こうにんかいけいしかんさしんさかい(英語表記)Certified Public Accountants and Auditing Oversight Board

知恵蔵の解説

公認会計士・監査審査会

2003年5月に公認会計士法は大きく改正され、従来の「公認会計士審査会」は「公認会計士・監査審査会」へと改組された。この改正の背景には、アメリカのエネルギー会社・エンロンやワールドコムの粉飾事件以来、公認会計士監査に対し世界的な規模で信頼性が揺らぎ、国際的に公認会計士の信頼性の強化に向かっていることが挙げられる。監査法人業務へのチェックは、以前は業界団体でもある日本公認会計士協会が実施していたが、従来から、身内によるチェックは甘くなるとの批判があり、04年4月以降は日本公認会計士協会が実施したチェック内容は、公認会計士・監査審査会への報告が義務づけられることになった。従来の公認会計士審査会は公認会計士試験の実施や公認会計士の懲戒に関する調査・審議が主業務だったが、改組された公認会計士・監査審査会は金融庁に置かれ、常勤の会長と9人の委員、その他の職員からなる。必要があれば日本公認会計士協会や監査法人へ立入検査を実施できるほか、金融庁に対し会計士への懲戒処分や業務改善指示を求める勧告をすることも可能である。監査法人の独立性を維持しつつ質の高い監査を確保することが目的である。

(小山明宏 学習院大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公認会計士・監査審査会の関連情報