コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公認候補と無所属候補

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公認候補と無所属候補

現行の公職選挙法は、衆院選について「政党中心の選挙」の実現を目指すため、かつては候補者にしか認めていなかった選挙運動を政党にも幅広く認めている。その結果、例えば政党の公認候補政見放送ができるが、無所属候補には認められていないなど、公認候補と無所属候補には実質的に活動上の差が設けられている。公示後に配布できるビラも、公認候補は種類制限がある個人ビラ以外に種類に制限がない政党ビラを一定枚数配れる。無所属候補は政党ビラを配れない。ほかにもポスター、選挙事務所、運動員でも差がある。

(2009-08-15 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公認候補と無所属候補の関連情報