コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公選法11条

1件 の用語解説(公選法11条の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公選法11条

国政と地方の選挙について、「選挙権及び被選挙権を有しない者」として、「禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者」(受刑者)や「選挙、投票及び国民審査に関する犯罪により禁錮以上の刑に処せられその刑の執行猶予中の者」と定めている。いずれも確定前なら勾留中でも不在者投票が可能。選挙関係以外の犯罪なら執行猶予中も制限はない。成年後見人がついている人にも制限規定があったが、東京地裁が3月に違憲判断を示したため、これを削除する改正公選法が5月に成立した。

(2013-09-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公選法11条の関連キーワード制限選挙選挙管理委員会選挙公報被選挙権選挙違反在外選挙有権者国政選挙一人区市町村議選の被選挙権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公選法11条の関連情報