コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公選法147条の2

1件 の用語解説(公選法147条の2の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公選法147条の2

公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を出してはならない。◇同条項違反に対する罰則規定はない。

(2008-01-09 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公選法147条の2の関連キーワード公職候補者散票立候補予備選挙(presidential primary election)ロシア大統領選選挙カー費用の公費負担米大統領選の候補者選びインドネシアからの看護師、介護福祉士の候補者受け入れ民主党代表選のしくみ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone