コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開市場操作(open market operation)

外国為替用語集の解説

公開市場操作(open market operation)

中央銀行が一般公開市場において政府債を売買し、通貨量を調節する金融政策売りオペレーションは、通貨量が多過ぎる時に中央銀行が保有する有価証券手形を売却し、通貨を市場から中央銀行に還流させ金融を引き締める。買いオペレーションは、市場における有価証券や手形を中央銀行が買い取り、市場に資金を放出、金融の緩和をはかる。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

公開市場操作(open market operation)の関連キーワード連邦公開市場委員会(FOMC:Federal Open Market Committee)連邦準備制度理事会(FRB:Federal Reserve Board)FOMC(Federal Open Market Committee)FRB(Federal Reserve Board)マネー・マーケット(Money market)オープン・マーケット・オペレーションオープンマーケットオペレーション連邦準備銀行の公開市場操作プライマリーディーラーオペレーションツイストビルズ・オンリー政策ポリシー・ミックス売りオペ/買いオペ売オペレーション買オペレーション日本銀行[株]オペレーション連邦準備銀行通貨供給方式有効需要政策

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android