コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開市場操作(open market operation)

1件 の用語解説(公開市場操作(open market operation)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

公開市場操作(open market operation)

中央銀行が一般公開市場において政府債を売買し、通貨量を調節する金融政策売りオペレーションは、通貨量が多過ぎる時に中央銀行が保有する有価証券や手形を売却し、通貨を市場から中央銀行に還流させ金融を引き締める。買いオペレーションは、市場における有価証券や手形を中央銀行が買い取り、市場に資金を放出、金融の緩和をはかる。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公開市場操作(open market operation)の関連キーワードECB公開市場操作欧州中央銀行公開市場FRS買オペレーションインターバンク市場(Inter-Bank Market)マネー・マーケット(Money market)中央銀行(Central Bank)委託介入

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone