コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六ヶ所[村] ろっかしょ

百科事典マイペディアの解説

六ヶ所[村]【ろっかしょ】

青森県下北半島東部,上北郡の村。南北に細長く,北部は下北丘陵の東斜面を占め,中部・南部は小川原湖,尾駮(おぶち)沼,鷹架(たかほこ)沼など湖沼が多い。県内有数の酪農地帯。
→関連項目青森[県]核燃料サイクル放射性廃棄物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろっかしょ【六ヶ所[村]】

青森県北東部,上北郡の村。人口1万1063(1995)。下北半島中部に位置し,東は太平洋に面する。南は小川原(おがわら)湖に面して洪積台地が広がり,湖沼が多い。北部は下北丘陵の東斜面を占める。町名は,1889年の町村制施行に際して6ヵ村が合併したことによる。〈やませ〉と呼ばれる夏の冷湿な偏東風のため農業は振るわなかったが,1955年から南西部の台地で国営の大規模機械開墾が進められ,県内有数の酪農地帯となり,県の酪農振興センターも置かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android