コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六価クロムと土壌汚染

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

六価クロムと土壌汚染

1973年、地下鉄建設用地などとして東京都が日本化学工業から購入した江東区内の工場跡地が、クロム鉱滓の大量投棄で高濃度の六価クロムに汚染されていることが発覚。六価クロムはがんのリスクがあるとされ、実際に肺がんにかかったり左右の鼻孔の間に穴があく障害を起こしたりする同社の従業員もいた。都と同社はクロム鉱滓を無害化して埋設し、都は主な処分地を都立公園とした。だが、近くの川などで高濃度の六価クロムが漏出、同社が2001年までに水処理施設を設置した。処分した鉱滓は約42万立方メートル。投棄場所などが把握できた分に限られ、実際は未処理のまま埋まっている恐れが指摘されている。

(2012-11-17 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

六価クロムと土壌汚染の関連キーワード秋山清神代辰巳沢渡朔船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ加藤泰ポセイドン新藤兼人

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone