コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六尺・陸尺 ろくしゃく

大辞林 第三版の解説

ろくしゃく【六尺・陸尺】

〔「力者りよくしや」の変化という〕
近世、輿こしや駕籠かごをかついだ人足。駕籠舁かごかき。 「身ども駕の-が八人/滑稽本・膝栗毛 3
江戸城中において、走り使い・水汲みなどをつとめた下男。
町方の家で雑用に使われる者。下男。下僕。 「京にて乗物をかき、或は、庭にて働く男を、-とはなど云ふならん/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

六尺・陸尺の関連キーワード走り使い醒睡笑駕籠下男

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android