コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方最密充填・六方最密充塡(読み)ろっぽうさいみつじゅうてん

大辞林 第三版の解説

ろっぽうさいみつじゅうてん【六方最密充填・六方最密充塡】

最密充塡構造の一。平面上に剛球を密に並べてできる層を積み重ねて三層目の球が一層目の球の真上にくる構造で、六方晶系の格子を形づくる。ベリリウム・マグネシウムなどの金属の結晶構造に見られる。 → 最密充塡構造

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる