コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六日町[町] むいかまち

2件 の用語解説(六日町[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

六日町[町]【むいかまち】

新潟県南部,南魚沼郡の旧町。六日町盆地中央部と東西の山地を占め,中心の六日町は三国(みくに)街道と清水街道の分岐点,魚野川水運の終点として発達,上越線,関越自動車道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むいかまち【六日町[町]】

新潟県南東部,南魚沼郡の町。人口2万9342(1995)。六日町盆地の中央部を占め,西部を魚野川が北流し,川沿いにJR上越線,国道17号線が通じ,関越自動車道の六日町インターチェンジがある。中世には上田荘に属し,坂戸山に上田長尾氏の居城があった。1598年(慶長3)には堀直奇(なおより)が居城したが,1610年廃城となった。六日町の名は六斎市にちなむもので,中世以来坂戸城下の市場町として発達し,江戸時代には三国街道と清水街道の分岐点,魚野川船道(上田船道)の終点の河岸場にあたる交通の要衝でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六日町[町]の関連キーワード勝浦塩沢十日町盆地国際大学南魚沼市魚沼南魚沼雲洞庵南魚沼、魚沼両市の合併の経過岡村貢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone