コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六段発祥の地

1件 の用語解説(六段発祥の地の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

六段発祥の地

六段の調」(六段調、六段)は近世箏曲の祖といわれる江戸時代初期の演奏家で作曲家の八橋検校(やつはしけんぎょう)(1614~85)が作った。諫早市の慶巌(けいがん)寺を訪れて第4代住職の玄恕(げんにょ)上人から琴を学び、諫早での修行時代に親しんだ本明川せせらぎの音を思い起こしながら京都で作曲したとされている。寺には「六段発祥地」と書いた大きな石碑が立つ。現代でもBGM学校教育の教材として広く使われている。

(2011-03-16 朝日新聞 朝刊 長崎全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六段発祥の地の関連キーワード秋風の曲雲井調子段物八段錬士六即六段六段目清掻草履打

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone