コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六甲山ホテル ろっこうさんホテル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六甲山ホテル
ろっこうさんホテル

関西有数のリゾートホテル。兵庫県,六甲山上に位置し,神戸港を一望にできる絶好の立地を誇る。 1929年創業。ホテルには珍しく庭園内に教会があり,毎日曜日の朝,礼拝が行われている。阪急ホテルチェーンを代表するホテルの1つ。敷地面積1万 230m2,建物は地上7階,塔屋2階。客室数 73室,収容人員 170名。年間売上高 11億 5541万円。売上構成比は料飲 45%,宴会 28%,宿泊 14%,その他 13%。資本金3億 2000万円,従業員数 128名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

六甲山ホテル

兵庫県神戸市にあるホテル。1926年開業の宝塚ホテルの分館として、1929年に開業。宝塚ホテル同様、古塚正治が設計。2007年、経済産業省により、周辺の観光施設とあわせ「六甲山ホテルと六甲観光関連遺産」として近代化産業遺産に認定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android