六郷(読み)ろくごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六郷(山梨県)
ろくごう

山梨県南部、西八代郡(にしやつしろぐん)にあった旧町名(六郷町(ちょう))。現在は市川三郷(いちかわみさと)町の西南部を占める一地区。旧六郷町は1954年(昭和29)町制施行。2005年(平成17)市川大門(いちかわだいもん)町、三珠(みたま)町と合併し市川三郷町となる。JR身延(みのぶ)線が通じる。旧町域は富士川の東岸に位置し、わずかな平地のほかは山地が大部分である。江戸時代から明治にかけて富士川水運の要地として栄えた。大正時代まで岩間足袋(いわまたび)の家内工業が盛んだったが、昭和の初めから甲州産水晶を材料に印章業が発達し、今日では全国生産の50%を旧六郷町で占め、旧町内の5人に1人が印章生産と関係をもっている。[横田忠夫]
『『六郷町誌』(1982・六郷町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六郷の関連情報